O型かーちゃんのちく縫い記録

O型かーちゃんの、裁縫記録+日々のイロイロ日記です。

毒ミシン!!と、水筒ケース修理

ロックミシンを購入してからというものの
長男(4歳)は、ミシンを取り出すと

「あ、おかーさん!


 毒ミシンするん!?!?


と叫びます。




・・いや、毒ミシンて、あんた・・。



いつも、ロックミシン、ロックミシン、と言っているのですが、
こういう促音(小さい「つ」)の発音がまだ苦手なときがあるみたいです。

パソコンを、パコソンといったり、可愛らしい言い回しも多いのですが
毒ミシンはちょっと・・。


でも、ロックミシンみたいに糸がいっぱいあって、ダダダダッとすごいスピードで縫って、という機械が気になって仕方がないようで、私が使い出すと近くに寄ってきて、よく見ています。

男の子だし、機械モノとか好きよね~と思いつつ、すぐに手を出そうとしてきたりするので
軽く邪魔だったりします。
えへ。





さて、私の親友は、私と同じく男の二人のお母さんなのですが(しかも年子)
ここがまた大変そうで・・
いろいろと彼らの武勇伝を聞いては、私もがんばらないと、と、励みにしています。

先日話をしたときには

「男2人の母やってると、どんどん言葉遣いが荒くなるよね・・」
「そうそう。ドスがきいた声になってさー」
「ほんまガラ悪くなるよねえ」
「まさか自分がこんなになるとはねえ」

という話で盛り上がりました。
高校時代からの親友なのですが、ほんとにまさかこんなになるとはねえ・・
と、当時のクラスメイトに見られたらドン引きされること間違いナシの怒鳴り声を日々響かせています。



で。
その親友の息子さんが、小学校に入学してから水筒を持っていっているのですが、
その水筒をそれはそれはあちこちに、ガンガン(たぶん無意味に)ぶつけまくって
水筒ケースの底が穴があいてしまったとのことで。
どうにかなおるかな?と持ってきました。

見てみると、穴があいているとかいうレベルを超えて、底がはがれかけておりました。
(使用期間2ヶ月弱。何がどうなってこんな状態に・・・)

ナイロンなので私の腕で、うまく修理ができるかわからないし、
ムリだったら布で、新しい水筒ケースを作ろうか?という話をしていたのですが
底以外は、今のところ無事っぽかったので、底を繕うだけにしようかと
かろうじてつながっていた底を切り抜いて・・

suito1.jpg


重い水筒を支えるので、クッション性のあるものなどで補強も必要だろうし、と悩みに悩んで
こちらの材料で補修開始。

suito2.jpg

内側に使うキルティングの生地に、補強用として、クリアファイルを切り抜いたシート、
外側のカバーとして黒のデニム生地と、 アイ・リボン・テラキ さんで、以前に購入したアクリル綾-20mm (セールで3m100円でした。現在は完売)を使いました。

生地やクリアファイルを切り抜いたりは、目分量
水筒の底を生地などにあててみて、ペンでざーっと囲って、と、この上なくおおざっぱです。
どうせ縫いこむからいいや、と、クリアファイルにいたっては、油性ペンの跡まで残っています。



余談ですが、この修理で悩んでいる時に、ダンナに
「水筒カバーなんて100均で売ってるんちゃうん?」
と、言われ。

そりゃぁ値段も安くでちゃんとした形のものが売ってるかもしれんけど、やっぱり思い入れのあるものだろうし、修理して、物を大事に使うことも知ってもらいたい。
私にとっては、そりゃぁ材料費よりも安いものがあふれている世の中で、自己満足でしているハンドメイドだけど、そういうことを言われるとなぁ・・と軽く凹みました。
が、気にしない!気にしない!
再度取り掛かります。


まず、デニム生地とテープを縫い合わせてこういう形にしておきます。

suito4.jpg

次に、水筒カバーを裏返して、キルティングの布を縫い付けて、ひっくり返すとこんなかんじです。
赤い矢印のあたりも、擦ったりして破けているので、ここも見えないようにしなくては。


suito3.jpg


キルティング→クリアファイルのシート→テープ付きデニム生地の順に重ね合わせていき、表側から、こんなかんじで縫い付けていきます。

suito5.jpg

出来上がりが、こちら。


suito6.jpg

心配していたほどは違和感もなく、いいかんじ・・・?


実際に水筒を入れてみました。


suito7.jpg


コレなら、今回破れていたところは完全にカバーできているし、補強の意味でいれたクリアファイルがなかなかいい仕事をしていて、ちゃんとクッション&ホールドできています。

学校で使うものなので、早めの方がいいかな、と今日届けてきましたが、喜んでもらえて良かった良かった。


たいした修理ではないけれど、ちょっとした壊れたものも、治せるものは治して、愛着を持ってモノを大事にしてくれたらなぁ、と思います。
もちろんわが子もね!










身の程知らずに、ハンドメイドブログランキングに参加してみました。
よろしければクリックしてやってくださいませ。


スポンサーサイト

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ハンドメイドの作品たち

[ 2010/05/24 00:29 ] 小物 | TB(0) | CM(3)
はじめまして♪だと思います。
キレイに修復されて…きっと喜ばれたと思います!
すごいですね><!

確かに100均とか何でもありますし、安いものがあふれた世の中…モノを大事にする気持ち、大事ですね!
愛情たっぷりのハンドメイドばんざ~い!ポチ
[ 2010/05/24 08:55 ] [ 編集 ]
いい仕事をしましたね~。

旦那サンの言葉で凹む気持ち、わかります。

手作りは、高い安いでなく相手に対する気持ちの問題なのよね?

その辺、安売りしている商品と、一緒にしないで欲しいですね?
[ 2010/05/25 12:46 ] [ 編集 ]
http://pandada.blog7.fc2.com/
>satさん

コメント、ありがとうございます!
実物は、てきとーに作ったものなので、キレイどころではないのですが(^^;
なんとか見れるものになってよかったです。
本当に、100均とか西松屋とか、安いものはいくらでもあるのだけど、だからといって使い捨てが当然、にはなってほしくないですよね。
ポチ、ありがとうございます!


>riekoさん

コメントありがとうございます!
ダンナさんも別に悪気があって言ってるわけではないんですけど、でも一生懸命考えて作っていると、ちょっと凹んでしまいますよね(^^;

そうそう、相手に対する気持ちの問題、
本当にそのとおりだと思います!
[ 2010/05/27 00:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する