O型かーちゃんのちく縫い記録

O型かーちゃんの、裁縫記録+日々のイロイロ日記です。

2011年上半期:読んだ本まとめ

ここ数日、PTAや家の用事やあれこれで
なんともせわしない日々でした。

加えて、この突然の暑さ・・。
体がついていけないかんじですね。
みなさまも、どうぞ体調を崩されませんように。
(私は早くもダウン気味です^^;)


+++


はっと気がつけば、もう6月も終わりなんですね。
ということで、今年上半期に読んだ本、覚書です。
(自分用メモなので、興味の無い方はスルーして下さいませ~)



上半期は、本を読む気分になれないままの頃もあって
あまり多くないですが。


・ハッピーリタイアメント 浅田次郎
・ひそやかな花園 角田光代


 角田さんの作品は、全部読んでいるけど、これは上手いです。
 思わず一気読み。
 題材や年代が共感できるという所もあるのだろうけれど
 10年ほど前は、江国香織さんが大好きでしたが、
 今その位置に角田さんがいるのかな、という感じ。

・あられもない祈り 島本 理生
・八日目の蝉 角田光代
・ツリーハウス 角田光代


 角田さんの新境地、といった印象。
 今までになく力強い作品です。
 谷村志穂さんの「海猫」で、村山由佳さんの「星々の舟」で感じたように、
 これから作風が変わっていくのかな。

・もう二度と食べたくないあまいもの 井上荒野
・ストーリー・セラー 有川浩
・なくしたものたちの国 角田光代
・なまずの幸運。 川上弘美
・抱擁、あるいはライスには塩を 江国香織
・つるかめ助産院 小川糸


 小川さんの作品、「食堂かたつむり」から好きだけど
 この作品も、出てくる食べ物がおいしそうでおいしそうで。
 本当に、食べることが好きなんだなぁ。
 なんというか、子供を産むことについて、
 楽しめたらいいなぁ、と、思う本でした。

・アダルト・エデュケーション 村山 由佳
・テティスの逆鱗 唯川恵
・ぼくから遠く離れて 辻仁成
・妄想気分 小川 洋子
・タイニーストーリーズ 山田 詠美
・リラを揺らす風 谷村 志穂
・小説を書く猫 中山 可穂
・バタをひとさじ、玉子を3コ 石井好子
・県庁おもてなし課 有川浩
・天使の報酬 真保裕一
・天魔ゆく空 真保裕一


 真保さんが歴史小説!?と、軽い衝撃だったけど
 「覇王の番人」が初歴史小説だったとか。チェックしてなかった。
 それにしても、うますぎる・・。
 現代小説に比べると、どうしても読了まで時間がかかってしまいます。 

・不思議な羅針盤 梨木香歩

 大人の良書。背筋がのびる感じがする。
 どこか向田邦子さんに通じるものがあるような。

・真夏の方程式 東野圭吾
・光の指で触れよ 池澤夏樹
・キップをなくして 池澤夏樹
・すばらしい新世界 池澤夏樹
・バビロンに行きて歌え 池澤夏樹
・僕は、そして僕たちはどう生きるか 梨木香歩


ムックの類は含まず。で、この量。
もうすこし読みたいところではあります。


そして、この上半期、一番だった本がこちら。




梨木さんといえば「西の魔女が死んだ」
そして「からくりからくさ」も好きで読むようになったのですが
あの頃よりも、人の心の奥底を、静かに見つめるような視線が
作品に出てくるようになっていると感じます。


「僕は、そして僕たちはどう生きるか」
ストーリーとしてはそれほど動きはなく
時間の流れとしては、1日程度の話、なのですが
登場人物(主人公)の心象風景の描写がとても細やかで
時には、痛いほどです。


「普通である」という言葉の意味。
いざとなると、大勢の側にいたいという、本能的な自己防衛機能。
一人である、異端であることへの恐れ。

ひるがえって、一人の個性を無理やりつぶして
「大勢」になじませようとすること。

つぶされた側としては、群れに居続けることは苦しいが
それでも、
強制や糾弾のない、許しあえる、ゆるやかで暖かい
そんな群れが人間には必要である、ということ。


子供の世界では「いじめ」という言葉があるけれど
大人の世界でも、自分と異なるものを排除する行為は
当然のようにあって、
それにどれだけ傷ついても、それでもやはり他者を
「群れ」を必要とするならば、
その中で「僕」は、どう生きていくのか。

押し付けがましくもなく、
静かに、深く考えさせられる本でした。



この本に、出会えてよかった。

そんな本に、これからもたくさん出会えますように。




応援クリックをしていただけると嬉しいです♪


thanks.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/06/22 23:33 ] つぶやき | TB(0) | CM(11)
じゅ。さん、ハンドメイド、子育てしながら、たくさん読んでいらっしゃいますね。すごい!

私も子どもが生まれる前は、結構読んだものだけれど、ここ数年は全然です。
川上弘美、江国香織、好きでしたねぇ。

ちょっと好みが似ているかも…と、参考にじゅ。さんを追っかけてみますわ。
(なんか、好きな人の図書カードを追っかけるみたいでコワイ??笑)
[ 2011/06/23 07:30 ] [ 編集 ]
おはようございますー。
わ~、じゅ。さんも本読みさんでいらしたのねー。ラインナップも女流作家さんが多い?これも一緒でうれしいです。
私も角田さんは、一時はまってエッセーも含めて読み漁りましたぁ。↑最新作は、新聞の日曜版で毎週楽しみに読んでましたが、うん、ほんとこれは彼女の新境地開拓って感じでしたよね。なんとなく題材の選び方を含め篠田節子っぽいと思った!(と思ったら、この次の毎日新聞の日曜連載篠田節子だったの)最近全然読めてないので、↑初めて見た作家さんも多いです。じゅ。さんのラインナップ、今後の読書指南にさせていただきますねー。
[ 2011/06/23 09:31 ] [ 編集 ]
コンニチハ♪お久しぶりです。

う~ん、梨木香歩・・・
もうれつに読みたくなってきました。

自分の個性をつぶさずに、
いかに周囲と自分とをなじませていくか・・・

思春期のみならず、人生通じての
大きな課題ですね
ワタシ、未だにヘタクソですが・・。
[ 2011/06/23 09:33 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
いつも読み逃げすみません。
今回は特に大好きな読書の記事だったので、久しぶりにコメントさせていただきます。

梨木さん!
子供産んでからチェックしないうちにこんなに本出していたのですね!びっくり&ショックです。
家守綺譚、大好きです。
角田さんは最近ちょっと気になってたので、読んでみたいなぁと思いました!

じゅ。さん、かなり色々頑張っていらっしゃるのに読書までとは!ホント、すごいです。
ちなみに、本は購入して手元に置かれたいタイプですか?それとも図書館派??
ちょっと気になったので質問してみました^^
[ 2011/06/23 09:40 ] [ 編集 ]
じゅさん…。ハンドメイドに育児に畑にお忙しいはずなのに、一体いつこんなに読書されるんでしょう!?時間の使い方がお上手なんでしょうね。見習わなければ。
「僕は、そして僕たちは~」、いいなぁ、読みたいんですよ。梨木さんの本はわたしも大好きなのです。早く文庫にならないかなぁ(笑)。
[ 2011/06/23 10:26 ] [ 編集 ]
じゅ。さん こんにちわ。

すごくたくさん本を読まれていてひたすら尊敬です。
子供たちが生まれてから、買った本…。
最近では尾木ママの叱らない子育てとか、育児系の本が多いです。
すぐに怒っちゃう(叱るじゃない)がみがみママなので…。
少しでも子供たちを怒らずに済むように、
それにはどうすればいいか(自分が)を求めている気がします。

玉ねぎの丸ごと煮、子供たちにすごく好評だったので、また今日も作ります~。
スープにしてもウマウマでした。
[ 2011/06/23 10:36 ] [ 編集 ]
こんにちは。

じゅ。さん本も読まれるんですね。
私は全く疎くって・・・。しかも本を読んでたら寝てしまうパターンでなかなか前に進みません。

昔、江国さんの「冷静と情熱のあいだ」にはまりました。映画も見ましたよ。
映画を見て原作を読む事が多いです。「サヨナライツカ」とか。
東野圭吾は旦那が好きで、ちょこちょこ読んだのがあります。

子育て、ハンドメイドと忙しい中読書もしているなんて・・・。きっと時間の使い方が上手なんですね。
[ 2011/06/23 10:56 ] [ 編集 ]
こんにちは 初コメです。
いつも楽しく読ませてもらってます。
やっぱり表現が上手な方は読書家なり!だったのですね。
私も子育てしながら仕事をして少しだけハンドメイドを楽しんでいますが、全くもって活字から遠ざかっています。本読む時間ないもーん、は言い訳ですねぇ(夫が読書家で、本読んだら?とよく言われます)他の方もコメントされてますが、本当に時間の有効利用ぷりに感心しきりです。また刺激もらいにやってきますね!
[ 2011/06/23 13:28 ] [ 編集 ]
最近は読み逃げばかりですみません。
やっぱりたくさんの本を読むのは大切ですね。
私は文章を書くのがとても苦手なんですが、それはきっと本を読まないせいだろうなと思います。
素敵なブログを書いている方はたくさん読書もされてるんだろうな。私はいつも単純な表現しかできなくて・・・語彙力が乏しくて恥ずかしいなと思います。
パターン本ばっかりじゃなく、ちゃんと活字も読みたいなと思います。まずはじゅさんのお勧め本から
☆本当によい刺激をありがとうございました!
[ 2011/06/23 22:38 ] [ 編集 ]
たびたびすいません。
新境地・・はツリーハウスでしたか!大河小説って感じなのかしらん?
石井好子さん(地元で開かれたシャンソンコンサートで一度ステージ見ました)の本、読もうと思ってたんでした。LEEの書評にも出てませんでしたっけ。梨木香歩さん、恥ずかしながらじゅ。さんの記事で初めて知ったのですが、猛烈に読みたくなってます。(でも最近は旅先でしか読めないんですよ、ホント涙)
[ 2011/06/24 13:04 ] [ 編集 ]
>さちこさん

活字中毒というか、本をまったく読まないとダメなんです^^;
川上さん、江国さん、いいですよね。夢中になった時期がありました。
今でも、作品はほぼ全部読んでます^^
図書カード!なつかしい!
うっふふ。ご参考になれば幸いです~♪


>ウテオンマさん

本読みですよ~ 時間さえあれば、ずっと読んでいたいくらいw
角田さん、私も読み漁ってますけど、ほんと多作ですよね。
この作品がでるスピードはすごいなぁって思います。
篠田さんも独特ですよね。あまりにダークな気分の時は読めないことがあるけど^^;篠田さんも好きです。

石井好子さんの本もいいですよ~。
なんとも安心して読めるというか、大人の文章だなぁって感じです。
梨木香歩さん、おすすめですよ^^

>keronさん

梨木さんの本、良かったですよ。
主人公は、まさに思春期まっさかりの少年なんですが、実際に思春期にこの作品を読んでいたら、それはそれでしんどくて読めなかったかも・・とか思っちゃいました。

私も、迎合せず、孤立せず・・
難しいです。


>yumiさん

コメントありがとうございます♪
私もしばらく梨木さんチェックしていなかったのですが、ここ数年、どんどん変わってきてるなぁと思います。
家守綺譚もyomyomでずっと読んでいるのですが、あの梨木ワールド全開な感じがいいですよね。

私、結婚するまでは本は全部買っていたのですが
もう、本を買っていたら置き場所が無い!のと、旦那さんも本読みなので家の中が本だらけに~~状態なんです。
(結婚してみたら、2人とも持っている本がたくさんあった・・)
ので、最近は図書館ばかりですね。
写真集とか、とっても気に入ったものがあればそれだけ購入するようにしていますが、最近はむしろ処分してばかりです^^;


> rie さん

活字中毒なので、ちょっと時間があいたときに、テレビより本を手にとってしまうんですよ~^^;
梨木さんの本、よかったですよ!
それほど期待せずに手に取ったので、余計にすごい!と揺さぶられました。
ぜひぜひ~♪


>ゆうかさん

私も子育てハッピーアドバイスとか、全巻持ってます~
(親が買ってきて渡してくるんですけどね)
私も、叱る、じゃなくて怒る、ですねえ。
つい感情で怒っちゃって、反省反省・・
どうしたらこういう怒り方をしないようになれるのかな、とも思うんだけど、難しいですよね(T-T)
玉ねぎ、好評で何よりです!嬉しい~^^


>sachimumamaさん

本読みは、子供の頃からずっと続いている趣味ですね~^^
寝る前に読み始めたら、つい先が気になってしまって徹夜しちゃうことも^^;;

「冷静と情熱のあいだ」良かったですよね。
私も辻さんと両方買って、ドゥオーモの上で再開~~、と妄想を膨らませていました^^
東野さんも多作ですよね。読みやすくて人気があるのもわかるなぁってつい手にとってしまいます。


>バテキヨさん

はじめまして!コメントありがとうございます^^
楽しんで読んでいただけているなんて、何よりのお褒めの言葉、嬉しいです!

私は今は仕事をしていないので、お仕事をしながら育児をされて、しかも趣味もされている方って本当にすごいなぁ・・と尊敬してしまいます。
なかなか器用に時間を使えないので^^;

よろしければまたぜひ遊びにいらしてくださいね♪


>ひろんさん

うちは親が本好きだったので、本に囲まれて育ったからというのが大きいと思いますよ~
(旦那さんも同じように本好きです)
子供が生まれてからはなかなか本を読む時間もとるのが難しいけど、睡眠時間より読書タイムを優先させてしまうこともよくあります^^;;
良い本に出会えるといいですね~♪

[ 2011/06/26 15:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する