O型かーちゃんのちく縫い記録

O型かーちゃんの、裁縫記録+日々のイロイロ日記です。

16年の1.17 と、お願いです。

震災から、16年。

1月17日
今年も、午前5時46分に、黙祷。



あの日から、もう16年。
干支がぐるっとまわって、さらに4年。
そんなに時がたったのか、と思います。


私は香川出身、現在は香川在住ですが
大学進学から5年前まで、兵庫県に住んでいました。
震災の時は、西宮の震度7の激震地区近くに住んでいました。


16年も前の、学生生活のことなんかはもう忘れていても
あの日のことだけは、ついさっきのことのように、覚えています。



なにかにひきちぎられるような、ものすごい衝撃。
それが揺れているのか何だったのかもよくわからないほどの。

衝撃が収まった後の、怖いほどの沈黙、
周囲からのざわめき、叫び声・・。


全壊した隣のアパート、
その形のまま、道に倒れた一軒屋、
一直線にのびる地割れ、
町中にたちこめるガスのにおい。

そして、そんないろんな風景にもかかわらず、
いつもよりも、怖いほどに高く澄んだ、抜けるような青空。

これだけの年月がたっても、
体が覚えています。




友人が、知人が、近所の方が亡くなり、避難先で流されるNHKの速報で
亡くなられた方のお名前が、いつまでもいつまでも読み上げられて、
たくさんの方の今までの人生が、画面に映っては消えていく、
まるで、『記号』で表されてるようで・・
本当にたまらなかった。


私自身、震災直後に神戸上空から映した火災の様子、倒壊した阪神高速。
そういう映像がテレビで流れると、目をそむけたくなるし
今でも地震にあうと、体がすくんでしまいます。


一見、綺麗に、何もなかったかのように賑わう街だけど

今の街並みが作られるまでの日々。
たくさんの方が亡くなられ、大切な人を、物を失ったこと
そして、たくさんの熱い想いがあったこと。
忘れてしまうのではなく、心にとどめておきたい。

亡くなった友や、たくさんの方の無念。
たくさんの人の、たくさんの想い。
つらいこと、悲しいこと いっぱいあって
でも嬉しかったこと、胸いっぱいになるようなことも
たくさんあったこと。


私たちは あなたがたを
決して 忘れない








あの地震のときは、自分の身さえあればいい、という
気楽な学生だったけれど。

妻となり、母親となった今。
守らなければならない命が、あります。





こちらを読んでくださっている方に、お願いです。


震災から16年たったんだね、で終わらずに

今日はぜひ、
ご自宅の防災グッズを確かめて見て下さい。




地震は、いつ来るかわかりません。
もちろん、そんな震災なんて無いのが一番良いのだけれど
災害に備えておくことは、本当に大切です。

特に小さいお子さんがいらっしゃると、まずお子さんのためのものは
一番に確保しておかなければいけません。

災害直後もそうですし、災害が大きければ、避難所での生活を余儀なくされることもあります。
私も震災後は、ボランティアで避難所を回ったりしていましたが
小さいお子さんを抱えての避難所暮らしは、本当に大変です。
特に救援物資が届きだすまでの間は、物は手に入らなくなります。




赤ちゃんがいらっしゃる方は、粉ミルクやおむつなど、
普段からちょっと多めにストックしておくと良いかと思います。
いつかは使うものなら、無駄にはならないですし。

食料品も、飲料水、簡単な非常食を用意しておき、
数ヶ月~1年ごとに賞味期限をチェックしましょう。


「防災グッズ」として、日常生活からわけて考えると、面倒に思うこともありますが、
普段の食料の、備蓄の延長として、ペットボトルの水や缶詰など
ちょっと多めにストックして、日常で消費するようにしておくと、
特別に用意しなきゃなぁ、という負担は減ります。
(給料日前とか、おかずが足りない時に助かりますよ~)


非常持ち出し袋を用意したから安心、ではなくて
いざというときに使えるように、
その中身のチェックも忘れないようにして下さいね。

私も今日は、再度チェックいたします。




あ、それから!

寝室などにミシンを置いていらっしゃる方、
くれぐれもご注意下さい。

大きい震度の地震の場合、本当に、物が飛びます。


私が暮らしていた下宿でも、机の上においてあったパソコンや
テレビ台の上の、ブラウン管テレビが飛びました。
(テレビは寝ていた私の上に落ちてきました)

ミシンなどの重さがあるものは、地震の時には凶器にもなります。
寝室には、極力重い物を置かないようにご注意くださいね。






いつも以上に、だらだらと長い長い文章を読んで下さって、
ありがとうございました。

この文章が、少しでも、
「いつかへの備え」のきっかけになれば嬉しいです。





今日のムスコたちのおやつは、乾パンだ!
応援クリックをしていただけると嬉しいです♪



スポンサーサイト
[ 2011/01/17 06:00 ] 震災について | TB(0) | CM(40)
17日ですね。
私も当時神戸に住んでました。
勤めてた支店が新長田だったので
周りは全部焼けてました。
TVでの特集はまだ見れなかったりします。

うちは基本家具なども高いものは使ってません。
寝室は何も置かないようにしたり
気をつけてます。

1月17日は忘れられないですね。
私も防災グッズ確認したいと思います。
[ 2011/01/17 07:29 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
私の通った高校は兵庫の西宮にあり、入学3か月前に震災で半壊しました。その為、2年半の間、プレハブ校舎にて勉強したのを覚えています。新校舎が出来上がったのは、あと少しで卒業と言う時でした。
仲良くなったお友達の親御さんや兄弟がたくさん亡くなっており、その友達は、『今日出来る事は今日する。明日は地震で死んでるかもしれないから。』と言っていたのを覚えています。
 今現在、私が南海地震の被害を受けるであろう所に住んでいるので、記事を読んでゾッとしました、、、。そして、うちには防災グッズがほとんどないと気付きました。今日にでもじゅ。さんの言われるように乾パンや缶詰、水など、無駄にならない防災食の用意、しておこうと思います。
地震の怖さを再認識させてもらいました。
ありがとうございます。
[ 2011/01/17 07:39 ] [ 編集 ]
私もいざ離れ離れになってしまった時の為
防災リュックは旦那と私用に2つ用意して
あるのですが中身はまだまだ揃っていない物も
多く・・・。

「非常災害用飲料水」も生協で1ケース買って
あるのにリュックには入っておらず・・・。
今日は中身をもう1度再確認してみます!

ちなみに我が家では寝室には何も置いてません!
寝てる時に何か落ちてきたら怖いですもんね~><;
[ 2011/01/17 09:27 ] [ 編集 ]
はじめまして。
地震って突然くるから、日ごろからの備えが大切ですよね。
じゅ。さんの言葉ひとつひとつが、とっても心に響きました。
私は、宮城県に住んでるのですが、近年中に大きい地震がくるといわれてます。小さい子供がいるので、もう一度、防災グッズの確認などしたいと思います。

今から、10年ほど前に仕事で神戸と淡路島に行ったのですが、復興の真っ只中だったのを憶えてます。
あの日、犠牲になった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。
[ 2011/01/17 09:28 ] [ 編集 ]
初めまして。
16年前のあの日、遠く離れたこの地でも揺れを感じ飛び起きたことを鮮明に覚えています。
私の住んでいる場所は、いつ起きてもおかしくないといわれている東海地震の震源域に入っています。
じゅ。さんのこの記事を読んで、防災グッズを確認しなくてはとドキッとしました。ありがとうございました。

[ 2011/01/17 09:34 ] [ 編集 ]
こんにちは。
じゅ。さんの記事を読んで、あの日の事を思い出しました。
当時ワタシは朝6時からの仕事に出ていて、朝の休憩時間のニュースではじめてそれを知りました。
行った事のない土地ですが、ニュースの映像がどれほどの被害なのかを教えてくれました。
ワタシの住む高知も、南海地震という脅威に晒されています。新聞やニュースなどでその情報を知っていても、防災グッズを揃える事もしていません。

じゅ。さんのおっしゃる様に、今はワタシにも守るべき命、守りたい命ができました。
防災グッズ、ダンナさんと話し合って揃え、もしもの時の為の待ち合わせ場所など話し合いもしておきたいと思います。

ありがとうございました!
[ 2011/01/17 09:59 ] [ 編集 ]
こんにちは。
私も当時神戸に住んでいました。
まだ子供だったので、凄い揺れで寝ていたベッドが倒れても一瞬何が起こったのかわからなかったのですが、母が飛んできてくれたことを覚えています。
その時は怖いという感覚はなかったのですが、それ以降どんな小さな地震でも目が覚めてしまい、恐怖を感じるようになりました。
子供が生まれてからは地震が起きたときは必ず娘を抱き抱えたり、手をつないで一緒にいるようにしています。
幸いにも周りで亡くなった方はいなかったのですが、人工島で橋が通行止めになったため家でカニ缶を食べてしのいだり、電気、ガス、水道が止まり、給水車が来たらマンションの13階からポリタンクを持って階段を往復したことが記憶に残っています。
なので、今でも水や食品を買い置きし、風呂の残り湯はできるだけ置いておくようにしています。
私も今日、防災グッズの確認をしますね。
[ 2011/01/17 13:05 ] [ 編集 ]
はじめまして。はじめて書き込みさせてもらいます。

あの日の青空、わたしもすごく印象に残ってます。少し目を下に向けると炎や煙が上がってましたが。

今は神戸を離れているので、わたしの周りには「震災」と聞いてもピンとこない人がほとんど。そりゃ、そうですよね。
だから体験したわたしたちが話題にすることで、少しでも防災意識が高まればなぁと思います(^-^)
[ 2011/01/17 13:12 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/17 13:40 ] [ 編集 ]
こんにちは。
揃えなければと思いつつ揃えていない防災グッズ。
今回の記事を読んで、防災グッズを揃えなくてはと強く思いました。

防災について考える良い機会を頂きありがとうございました。
また震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

防災グッズの中に水や食料のほかに、
栄養が偏ったりしないようにビタミン剤などの
サプリメントなども揃えておくと安心だと思います。
[ 2011/01/17 14:13 ] [ 編集 ]
関東に住んでいるわたしには
朝のニュースの時点ではまだ被害の大きさがわかりませんでした。

学校から帰ってきたら
犠牲者の方の数がどんどん大きくなって
ものすごく怖さを感じたのを覚えてます。

できればこないでほしいけど
「たぶん、大丈夫でしょ」じゃ済まされないんだよね。
我が家ももう1度、防災グッズを確認します。
考え直す機会をありがとです。

被害にあわれた方へのご冥福も、改めて祈ろうと思います。
[ 2011/01/17 15:53 ] [ 編集 ]
じゅ。さん
こんにちは^^
昨日は楽しかったですねー♪

震災、当時実家でも震度4で飛び起きたのを・テレビで関西の映像を見て驚いたことを、、思い出します。

我が家には震災グッズありません・・・
いつか用意しよう、と思いながらズルズルと。
そうですよね。小さい子を連れた非難生活なんて考えただけでも・・・無理~ですよね。
用意しますっ
いつも色んな想い、ありがとうございます。
[ 2011/01/17 16:50 ] [ 編集 ]
子供の頃、日本海中部地震を体験しました。
友達のご両親、親戚が亡くなったり津波に巻き込まれたり。
あれから震度2でもわかるようになりました。
阪神の地震の様子を見て、なぜ「揺れる」事に
こんなに無頓着なのか、と歯がゆい思いをしました。
物は飛びます、本当に。
なのに固定されていない、つっぱりもされていない家具。
そこさえしっかりしてれば、ケガしなくてすんだのに
友人はまだ生きていたのに、と悔しかったです。
「他人事」ではだめなんだ、と
毎年この時期身を引き締めます。
友人を失った事からなかなか立ち直れないけれど。
[ 2011/01/17 18:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。
もう16年経ったのですね。
私も当時学生で大阪市に住んでいました。
ちょうど前日に引越しをしたばかりで、
まだあまり物を出していなかったのが幸いでした。
でも、それから入ってくるニュースに驚くばかり。
知人も亡くしました。

防災グッズは用意しているものの、しばらく中身の点検をしていませんでした。
息子の服、おむつ等サイズアウトしちゃってます(^^;
点検と補充をしようと思います。

もうあんな体験はしたくないけれど、自然災害は防ぎようがないですもんね><
せめて、できる自衛と備えはしたいですね!!
[ 2011/01/17 18:31 ] [ 編集 ]
震災経験されていたんですね。
あの時のテレビの映像忘れられません。
毎年この日が来るといざという時の準備しておかなくちゃと気が引き締まります。
本当に子供をどうしたら守るのか、それをいつも考えてしまいます。
旦那が不在だったら一人で2人を守らないといけないんだと思うと怖いです。
いつかの為に、備えをもう一度見直しますね。
ありがとうございます。
[ 2011/01/17 21:10 ] [ 編集 ]
こないだの楽しい会で残念なことに途中で授乳にいき早く戻りたいので焦るばかりに離すのを3回も失敗しそのまま朝まで熟睡コースでした><次回は卒乳もしてますのでまた参加したいです!!


震災、私は実家の京都にいました。大阪の短大にいってたので神戸の友達とかはとても大変で数ヶ月学校を休んでる子もいました。父の同僚は2日間生き埋めになり無事救出された人もいました。京都でも本棚のものは全て落ちたりしてあの長かった揺れは体が覚えています。そして地震が来るまえの「ゴー」という音も。今もこの音には敏感です。この音が聞こえると目が覚めて数秒後に地震がきます。いまはすぐに子供たちの位置を確認してドアをあけるようにしてます。

でも防災グッズは最近中身を確かめてませんでした。このじゅ。さんの記事見て中身たしかめました!
ありがとうございました!!
[ 2011/01/17 22:32 ] [ 編集 ]
震災経験されていたのですね。
悲しい、辛い思いをされたことでしょう。

私の実家は新潟の小さな町で、新潟中越地震の震源地近くでした。
わたしは当時東京で働いていて、東京で揺れを感じた時「あらー地震だね」程度。
ニュースを見て、実家近くだという事を知りました。電話するも、不通が続き心配と焦りが募るばかり。
家は全壊でしたが、幸い家族にけがは無くご近所の方々と協力して対応していたという事を確認できたのは翌日でした。

緊急のための回線を確保する為にも、遠くにいる者は現地の人たちを信じて連絡を待つ方が良いと学びました。

備える事、大切ですよね。
小さい子供がいるのでなおさら感じます。
防災グッズの確認をしようと思います。
[ 2011/01/17 23:15 ] [ 編集 ]
気付き、をありがとうございます。
私は当時高校生でした。
全く違う場所に住んでいましたが、友人のお姉さんが亡くなったり(大学生で一人暮らしでした)、身内の方がなくなった方がいたり…。
当時を思い出しました。

私も娘が生まれた時は防災グッズをそろえ、万が一の為に備えたのですが…。
それから5年。開いてません。
絶対賞味期限、過ぎてますね。
今日、今からでも再確認しようと思います。
ありがとうございました。
[ 2011/01/18 06:45 ] [ 編集 ]
深夜の淑女会では、アップリケや3.5に竹内マリアと大にぎわいでしたね(*^^*)
みんな素敵すぎて、腹筋が鍛えられました(笑)


震災、私も友人や、友人の両親を亡くしました(;_;)
あの朝、死ぬんじゃないかと思う揺れの中、祖母と一緒にテーブルの下で震えてました。
子どもが産まれた今、自分の身よりも守りたいものがある以上、その大切な人を守るためにできることはしておかねばならないですよね。
防災グッズ、避難経路、避難場所、待ち合わせ場所。
震災は待ってくれないし、防災グッズは無駄になることはないですもんね。
むしろ、使うことがないということが幸せですもんね。
あの日のこと、私たちは絶対忘れないよう、こどもたちにも伝えていきたいと思います。
気付きをありがとうございました。
[ 2011/01/18 08:14 ] [ 編集 ]
> haruta さん

神戸にいらっしゃったんですね。
長田、新長田は本当に、火災がひどかったですね・・。
私も、あの頃の映像は見れません。
どれだけの時間が立っていても、涙が出てきます。

本当に、忘れられない日ですね。
[ 2011/01/19 00:02 ] [ 編集 ]
>Kちゃん さん

西宮の高校・・
もしかしたら、私が下宿していた所の近くかもしれません。
「今日出来ることは今日する」という言葉、よくわかります。
本当に、世界観をひっくり返されてしまった日、です。

来ないのが一番、役に立たないのが一番の防災グッズですが、ぜひご用意下さいね。
[ 2011/01/19 00:05 ] [ 編集 ]
>yukko☆さん

防災リュック、私は市販の普通のリュックに、当座最低限必要なものだけを詰めています。
飲料水は・・入れていません。
まずは、急ぎ持って出れるものが大事だと思うので。
家が倒壊しない、出入りできるという前提ですが、大きい地震の直後、
咄嗟の時には、あまり重い物を持ち出したりは難しいです。

ご家庭によって、必要なものはいろいろですし、最低限必要なものから揃えておかれると良いと思いますよ^^
[ 2011/01/19 00:08 ] [ 編集 ]
>羽月さん

コメントありがとうございます。
小さいお子さんがいると、本当に災害が起きたときのことをいろいろ考えると・・途方にくれることがあります。
実際には、そんなときには途方に暮れている場合じゃないんだけれど、子供を守るためにも、出来る限りの備えは必要ですよね。

神戸も、淡路も、目に付く震災の跡は、もうかなり少なくなっています。
[ 2011/01/19 00:16 ] [ 編集 ]
>RoyalPeachさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
東海地震をはじめ、日本全国、どこで地震が起きてもおかしくない、んですよね・・。
関西で、あんな大きな地震が起きるなんて誰も思っていなかったし、そんなこと、想像すらしていませんでした。
私が今暮らしている四国も、比較的地震の少ない土地ですが、災害の可能性を忘れずに暮らしていかねば、と思っています。
[ 2011/01/19 00:19 ] [ 編集 ]
>てこりさん

四国もあの日、かなりゆれたそうですね。
香川も震度4だったかな・・。
よくテレビで防災グッズの話をしていても、なんとなく聞き流してしまうことが多いと思いますが、ぜひご用意下さいね。
そうそう、集合場所の相談も大事ですよね。
都会は帰宅難民が増えるといわれますけど、田舎でも同じですし、ちゃんと相談しておかないといけないですよね。
[ 2011/01/19 00:25 ] [ 編集 ]
> ユナチカ さん

地震を経験してしまうと、体が覚えてしまうのかもしれないですね・・。
私も、小さな揺れでも、体が縮こまるような恐怖を覚えます。
人工島、橋が止まってしまったので、お住まいの方は大変だったかと思います。高層マンションも多いので、被災後の暮らしが大変だったこと、よく報道されていましたね。
そういえば、AOIAに震災前に行ったのを思い出しました。

私も、しっかり防災グッズの確認しました。
[ 2011/01/19 00:31 ] [ 編集 ]
> かゆさん

はじめまして。

本当に、なぜだかあの日の空の青さは、忘れられません。

やはり、実際に体験した人としていない人とで温度差があるのは当然だと思います。
でも、こうやって体験したことを語り伝えて、少しでも、次に起こりうる被害を減らすことができればなぁと願ってやみません。
コメント、ありがとうございました。
[ 2011/01/19 00:33 ] [ 編集 ]
>鍵コメさん

高松でも、震度3の地震がありました。
ちょうど家族が揃っていたので、みんなで集まっていましたが・・。
子供にも話をして、少しは分かってくれたかな・・?と思っています。
[ 2011/01/19 00:35 ] [ 編集 ]
>カオリンさん

防災グッズを用意するきっかけになれば嬉しいです。

被災後の生活も長引くと、どうしても野菜などは少ないので栄養はかたよるし、火を使っての調理ができない状態が続くので、本当につらいです。
救援物資で届くカップ麺なども、数ヶ月続くとさすがに・・。
栄養補助剤などもあると良いかもしれないですね。
[ 2011/01/19 00:38 ] [ 編集 ]
> IKU*ちゃん

防災グッズなんて、本当に、使わないままですむのが、何よりなんだけど
だからといって用意しないわけにはいかないんだよね。
なによりも、頼れるのは自分なんだし、子供たちの頼りになるのも、自分。

ぜひ、確認してみてね。
[ 2011/01/19 00:41 ] [ 編集 ]
>nonさん

お体、お加減いかがですか?
お大事になさってくださいね。

普段、地震が少ない土地に住んでいると、防災とかあまり真剣にかんがえないんだけど(私もそうでした)
子供たちのためにも。
ぜひご用意下さいね。

子供たちを連れての避難所生活、仮設住宅での暮らし、本当に大変です。
あの暮らしを経験されたお父さん、お母さん方のご苦労を思うと、本当に頭が下がります・・。
[ 2011/01/19 00:44 ] [ 編集 ]
>まかさん

まかさん、お辛い経験をされたのですね・・。

私も、震災を経験するまでは、家があんなにもあっけなく崩れ落ちるなんて、予想もしませんでした。

本当に、他人事ではない、と思います。

私も、友人を亡くしましたが
その辛さは、どれだけ時間が経っても変わらないのかなぁと思います。
これから、広がっていくはずだった時間、手にいれるはずだった未来、すべてが奪い去られた無念を思うと、今でも胸がしめつけられます・・。
[ 2011/01/19 00:48 ] [ 編集 ]
>mioさん

本当に、自然が相手の災害は防ぐことができません。
だからこその「減災」なのだと思います。
少しでも、できる自衛はしていかなければならないですよね。

我が家のおむつも、サイズアウト分が見つかりました。危ない・・。
[ 2011/01/19 00:50 ] [ 編集 ]
>えれなさん

本当に、あの光景は、衝撃でした。
子供たちの命を、暮らしを、どうやって守っていくのか。
私も、自問自答です。
できるだけの備えをしておきたいですよね・・。
[ 2011/01/19 00:53 ] [ 編集 ]
>エツコロリン さん

地震が来る前の感じ、分かりますよね・・。
私も、気配がすると身構えます。
防災グッズって、あるだけで安心しちゃうところがあると思うんですが、ぜひ時々チェックしてくださいね。
[ 2011/01/19 00:55 ] [ 編集 ]
>ちくたさん

ご実家が震災にあわれて、大変だったのですね。
ご家族がご無事で、本当に、本当に何よりです。

被災した家族と電話が通じないと、不安でたまらないですよね。
神戸の震災の時には、携帯電話もまだそれほど普及していなかったですが、今は手軽に使えるツールがある分、災害時には負荷も多くなってしまうので、伝言掲示板サービスとか出来ていますね。
あまり使い方とか分かっていないままだったのですが、私も、もう一度確認してみます。
[ 2011/01/19 00:59 ] [ 編集 ]
>erink さん

コメントありがとうございます。
家族のメンバーや、年齢によっても、そのときそのときで必要なものは変わってきます。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。
(少々の期限切れなら食べられるものもありますよ・・数年前の乾パンとか(自分で)食べてます。おすすめはしませんが・・^^;)
[ 2011/01/19 01:01 ] [ 編集 ]
>Nob-mi さん

Nob-mi さんも、お辛い思いをされたのですね・・。
防災グッズは、使う機会が無いことが一番幸せ、だと思います。
でも、震災は待ってくれない。
本当に、そうだと思います。

私も、子供たちにもしっかり、伝えていきたいと思います。
[ 2011/01/19 01:03 ] [ 編集 ]
大変な思いをされてたんですね。
私も当時あの地震に飛び起きましたが
あれほど大きな地震だったとはテレビを見るまで
わかりませんでした。
防災グッズ用に用意していても
全部バラバラな場所に置いてあったら
いざ必要になった時すぐ使えませんよね。
買って揃えた気になってた自分が恥ずかしいです。

子供の身を守るのは親ですもんね、
しっかり見直したいと思います。
気付かせてもらえてありがとうございました。

[ 2011/01/19 01:33 ] [ 編集 ]
>Pettanko*さん

現地にいても、何でこうなったのか、なかなかわかりませんでした。
あまりにも現実味がなさすぎて・・。
防災グッズ、ひとまとめにしておいた方が安心ですよ。
家の中は、物が散乱してぐちゃぐちゃになっちゃいます。
ぜひチェックしてみてくださいね。
[ 2011/01/20 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する