O型かーちゃんのちく縫い記録

O型かーちゃんの、裁縫記録+日々のイロイロ日記です。

新しい委託先さん&白色ステンシルに玉砕の巻。

こんにちは。

春ですね・・

花粉め!
と、毎朝ティッシュ片手にうろついております。
花粉症、子供を産んだ後にかなり軽くなったので
もしかして治ったのかしら~♪と思っていたのに
なんだか今年は、ひどいです。
鼻蛇口がとまらない~。



+++


それだけ花粉が飛び交う屋外にも、
子供たちを連れてでかけないわけにはいかない陽気です。

小学校にいく練習を、ということで、
毎朝ランドセル背負わせて、登校時間にちょっとだけ外に出していますが
今日は散歩がてら、小学校まで一緒に行ってみました。


a00IMG_4502.jpg


だ、ダッシュしないでください・・


かーちゃんマスクなの。
息苦しいよ・・。



小学校の校庭を歩いていると
同じ敷地にある幼稚園に、園長先生がいらして
春休み中だけど、中に入れてもらえたので
年長さんの時の担任の先生に、ランドセル自慢をして
お決まりの?

「ランドセルに背負われてるね~♪」

の、賞賛を頂いて、満足そうでした(笑)

次男も、次回から幼稚園のリュックを背負って練習するそうです。
ふたりとも、登校&登園、がんばってねー。


+++


いろいろなあいまを縫って、
カメラマンTシャツを作りました。

a00IMG_4508.jpg

パターンは、大好きな、てづくりcafeさん のVネックTシャツです。
てづくりcafeさんのパターンは、ラインがとてもきれいなので
これからTシャツの季節、大活躍してもらいます♪

a00IMG_4510.jpg

サイズは、100(イエロー)と110(ブルー)です。
こちらは、委託販売用に作成したのですが

先日、オーナーさんよりお声かけ頂きまして、
【 おうちSHOPギャラリークローバーさん 】 に4月より参加することとなりました。

クローバーさんは、現在2か月に1度程度、SHOPをオープンされていて
次回開催は、4月14日、15日となります。

詳しくは、★こちら★ をご覧ください。


おうちSHOPにお邪魔させて頂いて
とても素敵な空間だなぁ~と、うっとりでしたので
そんな場所に参加させて頂きまして、とても嬉しいです。
イベントまで日が迫ってきておりますが、
楽しみに作品作りをさせて頂きます^^

こちらのカメラマンTシャツ、クローバーさんの
4月イベントに出品予定です。




そして。

↑のTシャツのカメラプリント。
ステンシルで作成しているのですが、使っているのはセタカラー。

いろんな色を試しているのですが
黒地に白がかっこいいよね、と思って
試しに作ってみたのが、こちら・・


a00IMG_4511.jpg


き、
きちゃない・・・orz


不透明色のを使っているのですが
どうも伸びがよくない&綺麗に色がのらないです。

これでもか、と、よく振ってから使っているけど
色ムラができちゃいます。

しかも、なかなか色が乗らないから、と
重ね塗りをしちゃっているので、細かい部分がつぶれちゃうし
これは使えない・・。



これを使ったらちょっと伸びはよくなるみたいだけど
黒地に白を使うときに伸ばしたら薄くなりそう?で
まだ試しておりません。

以前、試しに、デニム生地に白セタカラーを使ってみたときも
かなりきちゃなくなってしまって、今回は2度目の玉砕です。
このままだと、棚の奥につっこんで放置プレイになりそうですが
なんとか使いこなしたいなぁ。

濃い地×白セタカラー、うまく色を乗せる方法、
ご存知の方、ぜひ教えて頂きたいです・・(T-T)


セタカラーで煮詰まっての逃避ですが
Tシャツくん、使ってみたいなぁ・・。

使いこなせるかどうかわかんないんだけど^^;

色々試してみたいな~♪





<2012* 縫った数>
大人服:1
子供服:32
小物:39


応援クリックをしていただけると嬉しいです♪


thanks.jpg
スポンサーサイト

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : *HandMade*

[ 2012/03/28 17:32 ] 子供服 | TB(0) | CM(9)

いらっしゃいませ、職業用ミシンどの。

こんにちは。


えー、ご無沙汰しております。

ただいま絶賛、春休み中でございます。




あれですね、子供達とみっちり触れ合える春休み!
朝からさわやかに響き渡る、かーちゃんの怒鳴り声。


PCやらミシンやらに、なかなかたどり着けません。




先日は、瀬戸大橋を渡って、兵庫のスキー場まで出かけまして

a00IMG_4309.jpg

次男、スキー板デビュー。(プラスキーですが)
途中から板を脱ぎ捨て、ストック振り回して、
がすがす歩き回ってました。

それにしても、このスキーウェア。
おさがりのおさがりくらいで、頂いたものなのですが




リアルくいしんボンに見えて仕方がありません。
すごいシルエット、何を狙っているのかしら・・。


子供達は、さすがに1日みっちり運動したので、
帰ったら寝るだろうし、そしたら久々にミシンを♪と思っていると

帰りの車の中で、急速充電。
帰宅したらパワーMAXで走り回っておりました。

さよなら、ミシンタイム・・ 。・゚・(ノД`)・゚・。





そんなイベントを織り込みつつも、
入園&入学に向けて、リビングに、ムスコたちの作業スペースを作ったので
おとなしく絵を描いて遊んだりもしてもらっています。


長男は、マイドライバーでいろいろ作業したり。

a00IMG_4454.jpg

今日は、壊れたマウスを分解していました。




「すごいねー。上手にねじ外せたやん」

「楽しいー!おかーさん、あれも分解していい?」

「え、どれ?」

「あれ、おかーさんも、前、ドライバーで分解してたやん!」








アレ



a00IMG_4446.jpg




絶対におやめください。

分解じゃなくて針変えてたんだよ!



絶対にこれには触ってくれるな、
これが分解されてたら、かーちゃん泣くよ、と
それはそれはしつこく言い聞かせておきました。





そんなこんなで、我が家に職業用ミシン殿がいらっしゃいました。


機種は、悩みに悩んで、悩みすぎて訳がわからなくなるほどでしたが

そもそも職業用ミシンって、どんな機種があるの?から探しはじめて
いろいろな方の使い勝手などを参考にさせていただいて


最終的には、こちら↑のシュプールとジャノメで迷った末に、
ジャノメの、HS-80にしました。


ジャノメの職業用ミシンは、こちら↑ の780シリーズと
HSシリーズとがあって、ほぼ同じ性能、構造らしいですが
押さえなどのセットを考えると、HS-80の方がお値段がお得だそうで。


せっかくお越しいただいたミシンどのにも、なかなか満足に触れていませんが

a00IMG_4447.jpg

なんとなく、感覚で糸がかけられる家庭用ミシンと違って
糸かけから、説明書を凝視しながら特訓しております。


それにしても、まだちょっとしか触っていないのですが
何事にも揺らがない、ストイックな縫い目にはうっとりします。

a00IMG_4449.jpg

家庭用ミシンなら、気合を入れないと間違いなく縫いずれていく
ごっつい裏毛の重なり部分も、ノンストレス!
揺らがず、がんがん縫い進んでくれます。
なんと頼もしい。



ちなみに、この生地はクライムキ先生パターンのパジャマになりましたが

a00IMG_4459.jpg

110センチ未満の長男に、100サイズで
上下とも10センチ近くカットして、やっとジャストくらい・・
何度作っても、ムキ先生のパジャマパターンのでかさには
本当に泣かされます。
(でもパジャマを作るときには、つい使いたくなるんだけど)




話がずれましたが
厚手はもちろん、薄手のニットもすいすい~で

a00IMG_4451.jpg

薄手ニットにタグ付けをするときも、
1㎜くらいのきわきわに針を落として縫い始めても
生地を巻き込んだり、よれたりせずに縫えるのには
すごい!すごい!と、ひとり興奮でした。


音がかなりうるさいらしい、とどこかでお見かけして
どうなのかな?と思っていた糸切り機能も、
静か~とは言えないけれど、そこまでうるさくもないかな、と。

ちなみに糸切りボタンで糸を切ると

a00IMG_4450.jpg

これくらい、糸が出た状態で切れます。

糸切り機能はやっぱりつけておいて良かった^^
私はかなり使いそうです。



糸調子の調整がまだなかなか思うようにいきませんが
いろいろな布で、いろんな縫い方をしてみたい!

子供達のご機嫌をうかがいながら、ちょっとずつ触れていくといたします。

ミシン殿、
これから、どうぞ末永くよろしくお願いいたしまする。



さ、明日(というかもう今日だ)は、お友達とBBQ予定!
庭でBBQしようと思っていたら、やたら寒いみたいですね・・
家の中でホットプレート焼肉&たこ焼きかなぁ。
総勢16人、入るのかしら・・




<2012* 縫った数>
大人服:1
子供服:30
小物:39


応援クリックをしていただけると嬉しいです♪


thanks.jpg

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : *HandMade*

[ 2012/03/25 01:32 ] 子供服 | TB(0) | CM(12)

ありがとうのうた

先日、長男の幼稚園の卒園式でした。



あれだけ、毎朝、幼稚園をいやがって
教室の前で、泣いて泣いて 
かーちゃんから離れるのをいやがっていた長男。

早生まれなこともあって、クラスで一番ちっちゃくて
ついつい、ほかの子と比べては
あれもできない、これもできない、って思っちゃったり

親子で、不安だらけの幼稚園だった
あの日から、もう3年。


a00IMG_4193.jpg


ちゃんと、大きな声で返事をして
みんなの前で、しょうらいのゆめを話して。


園長先生からうけとった修了証書を、
まっすぐ歩いてきて、かーちゃんに渡してくれました。




a00IMG_4241.jpg




みんなで合唱してくれた、

「ありがとう、こころをこめて」


いつのまにか ぼくたちは
ひとりで あるいていたよ


本当に、いつのまにか
こんなにしっかりと、歩んでいけるようになったんだね。




a00IMG_4243.jpg



もう、何もかも手伝ってあげなくちゃいけなかった
そんな時期も卒業して

これからは、苦しいとき、困っているときにも
助けてあげられることは減ってくるけれど


いつでもきっと、
あなたのことを、見守っているから。

なにがあっても、
あなたの 味方だから。


限りない未来にむかって
一歩ずつ、歩んでいってね。



a00IMG_4235.jpg


元気いっぱいの笑顔に、
おめでとう!















かーちゃんにも
おめでとうの何かが届いたYO!


a00IMG_4174.jpg

うっふふふふ。
明日、開けます。




応援クリックをしていただけると嬉しいです♪


thanks.jpg
[ 2012/03/17 23:48 ] つぶやき | TB(0) | CM(12)

最後のランドセルと、春ベスト&夏ベスト

こんにちは。

最近、あたたかくなってきたなぁと思っていたら
朝、庭に氷が張っていたりと、気温がよめませんが。

小学校通学の練習も兼ねて、朝は歩いて登園していまして
今朝、同級生のお母さんに言われて、気が付きました。


今日で、最後のランドセル姿。


a00IMG_4150.jpg


長男の通う幼稚園は、黄色い小さなランドセルを使っているのですが
入園前に、制服を着て、ランドセルをしょっていた姿を思い出すと
朝から、うるうるっときてしまいました。


いよいよ明日は、卒園式です。
ハンカチというか、バスタオル抱えていかなきゃかも・・
(間違いなく、泣きまくりです)


+++


卒園やら入学やら入園を前に、
ちょっとばたばたと過ごすことが多いのですが

春用のベストを作りました。


a00IMG_4158.jpg

100サイズと、110サイズ。
まだ肌寒い日が続くので、ベストは重宝します^^

a00IMG_4159.jpg

乗り物柄がいっぱいでかわいい♪
ボーダーの春色スパンをあわせています。



それから、初挑戦してみた、
two-bottleさん の、ちびフードタンク!

a00IMG_4154.jpg

かわいい~~^^

昨年、夏の終わりごろにぎりぎりパターンを購入できたのですが
夏まで待てずに作成^^

こちらのスムースの、色違いを使いました。


ちびフード、タンクトップとしてももちろん、
ミニ裏毛とかで作ったら、いまの季節にもベストとして使えて
夏になったらタンクで使って、と長く使えそうですね♪

生地を変えて、いろいろ作ってみたいです!



さあさあ
今から明日の式に持っていくモノの準備します。

ビデオの充電!
忘れないように・・


うるうる。




<2012* 縫った数>
大人服:1
子供服:28
小物:39


応援クリックをしていただけると嬉しいです♪


thanks.jpg

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : *HandMade*

[ 2012/03/14 11:09 ] 子供服 | TB(0) | CM(12)

「あの日からの未来」を歩く

3月11日。


いろいろな場所で、いろいろな方が
それぞれの思いで、過ごされた一日だったと思います。

我が家では、家族みんなで過ごして
子供達も一緒に、黙祷をしました。


今なお、どれだけの方が、悲しみや苦しみが続く中で
過ごしていらっしゃるのかと思うと、
少しでも、その悲しみが、苦しみが、軽くなりますようにと
祈らずにはおれません。


あたりまえのようにあった日常が、
どれだけ大切なものなのか。

毎日を、大切に、生きていかなければ、と思います。



震災以後、様々な活動をされていらっしゃる、
糸井重里さんの編まれた
「できることをしよう。 ぼくらが震災後に考えたこと」
を、読みました。




震災直後に、自ら被災しつつ、自己判断で支援活動を始めた
ヤマト運輸の「クロネコヤマトのDNA」に始まり、
どんな方が、どんなことをしてきたのか。
どの話も、胸をつまらせながら読みました。


糸井さんの言葉を引用させていただくと


震災が奪っていったものは多いのですが、
そのあとに生まれ育っているものも、少なくはありません。
そんな可能性を押し広げている人たちとともに、
ぼくらは「あの日からの未来」を歩いていきたい。





それぞれの立場にある人が、できることは限られていて
それでも、たくさんの方が思った
「なにかできることを・・」
という、想い。


現地で、後方支援で、活動を続けていらっしゃる方が大勢いて
頭が下がると同時に、
自分ができることは何なのか、
今一度、見つめなおしました。


誰にでも、できることがあるけれど、できないこともある。
できないことをしようとして、押しつぶされるのではなく
文句ばかり、批判ばかり、口にするのではなく
できることを、できることから、していこう。


まだ、あまりにも記憶に新しい「あの日」から
未来にむかって。




ぜひ、多くの方に読んで頂きたいと思う本です。




[ 2012/03/12 00:44 ] 震災について | TB(0) | CM(0)