O型かーちゃんのちく縫い記録

O型かーちゃんの、裁縫記録+日々のイロイロ日記です。

被災地からの「ほしいものリスト」

熊本地方での、大きな地震・・
被害にあわれている方に、心よりお見舞い申し上げます。


こういう大きな災害が起きたとき、被災地から離れた場所にいると
何かできることは、と気持ちばかりが募りますが
受け皿となって下さる企業や団体の方の動きの速さに、頭が下がります。


Yahoo!Japan ネット募金
http://donation.yahoo.co.jp/

T-POINT募金
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=387

楽天クラッチ募金
http://corp.rakuten.co.jp/csr/contribution/kumamoto_201604.html#page03

手持ちのポイントからも募金できるのがうれしいです。



友人からは、こちらの記事を教えてもらいました。

【続報・頼むよAmazon!!】 上田 涼子さん
https://www.facebook.com/citrus.blossom/posts/1149291568449231?fref=nf

被災地の方に「ほしい物リスト」を公開設定で作成してもらい、
そのリストの商品を購入すると、Amazonさんが福岡の物資集積所に配達
→ボランティアの方が現地に輸送してくださる という仕組みだそうです。



少しでも早く、安心して過ごすことのできる日常が取り戻せますように・・。

スポンサーサイト
[ 2016/04/18 09:31 ] 震災について | TB(-) | CM(-)

小さな想いを。

おはようございます。


今日も朝からどたばたと、騒がしい我が家でしたが
こうやって、騒がしく過ごせることも、
なんと有り難いことか、と思う朝でした。



たくさんの人が、辛い思いをしたあの日から、3年。
常に心に、とは思うものの、では何ができるのか?と
思うこともしばしばです。


先日来、ニュースなどでよくみかけるのが、Yahoo!Japanの
3.11 検索は応援になる プロジェクト です。

スタッフさんのブログに詳細がありますが、
Yahoo!検索にて「3.11」と検索すると、ひとりにつき10円が
東日本大震災復興支援財団に寄付されるというプロジェクトです。

企業として、ある金額をまとめて寄付してしまうこともできるけど
こうやって、多くの人を巻き込んで(いい意味で)
「何かしたいけれど、何をすれば」という 想いを形にする手伝いをして、
素晴らしいプロジェクトだなぁ、と素直に思います。
企業イメージもあがりますしね。



物を買って応援、という形でも、いろんなものがあります。


以前贈り物に使わせていただきましたが、
喜んで使っていただけているそうです^^


それから、このブログでは、時々楽天の商品を
アフィリエイトで紹介させて頂いていますが

アフィリエイトで得たポイントは、全額
楽天クラッチ募金 から、募金させて頂いています。

こちらは、ポイントでも募金できるのでとても便利です。
使い切れない期間限定ポイントがあるときにも良いかと思います。


ひとりひとりの想いや、できることは少しだけど
その力を、いろんな形でまとめることをして下さっている方が
本当にたくさんいらして、頭が下がります。
遠慮なく、乗っからせていただきます!



今日よりも、明日。
少しづつでも、良い方に歩いていけますように・・。


こどもたちとも、たくさん話をして
一日を過ごしたいと思います。





[ 2014/03/11 09:36 ] 震災について | TB(-) | CM(0)

19回目の、朝。

おはようございます。


今日は、阪神・淡路大震災から、19回目の朝。

5時46分に、黙祷を。



もう、19年・・・。

いろいろな記憶は薄れていくけれど、
あの朝の空気だけは、何年経っても体が覚えています。

たくさんの方の人生を変えてしまった、
あの朝から、もう19年。
それだけの時間が経っても、苦しみや悲しみは
消えてしまうものではありません。


私も、いまだに、この日が近づくと
心も体も、調子を崩してしまいます。

今も苦しみの中にある方が、
どうか少しでも 心やすく過ごすことができますように。




1月に入り、この日が、私にとっては
「どんな一年を過ごしてきたか」
を、振り返る日です。

あの日、逝った友に
報告できる、日々を過ごしてきたか。
振り返り、また新しい日々を、
しっかりと、過ごしていきたい。




子供も、もういろいろなことがわかる年になってきて
震災のあとに撮っていた写真を見せて、
いろいろ話をするようになりました。


当時の下宿の、引っ掻き回されたような
ぐちゃぐちゃに物が散乱した部屋や
地割れした地面、横倒しの家など

興味本位に見ていたのが、
だんだんと

「こんな時は、塀に近づいたら危ないんやね」
「大きいものとかそのまま置いてたら危ないね」
と、いろんな感想を話してくれるようになりました。


先日、関西に行ったときに、当時暮らしていた下宿に寄ると
まだそのままの形で建っていて

「ここが、あの、地面が割れてたとこ?」

などと、聞いてきたり
子供の心にも、何か残っていってくれているのかな。


どんな形で、心に残っていくのかはわからないけれど
いろいろな想いを、出来事を、
伝えていければいいな、と思っています。






今日は、我が家も防災グッズの点検をします。

時々見直してはいても、
やはり賞味期限など、思いがけなくきれているものも多くて
食料品、電池、保険証のコピー、小銭などなど・・

すぐに持ち出すためのバッグと、
家に備蓄してある非常用品と。
両方しっかりチェックしたいと思います。


防災グッズって、何を用意したらいい?と
身近で聞かれることも多いのですが、

我が家で用意しているのは、災害発生直後に持ちだすためのバッグ。
それから、救援物資が届くまで、自給自足するための
家庭用の備蓄グッズです。

私は、人と防災未来センター の、非常持ち出し品チェックリストを活用しています。

こちらのリストはかなり詳細ですので、
この中から家族や環境によって必要なものを
取捨選択して用意しておけば良いかと思います。

持ち出し用のバッグは、玄関付近に置いてあるのですが、
車のトランクにも、一通り準備しておいた方が
いいかな、とも思っています。



震災後のボランティア活動などで
何度かお世話になっていた新聞記者さんと、
ひさしぶりにお話をしました。

あれから、どれだけの月日が過ぎても
忘れられるものでも、逃れられるものでもない記憶は
重いものではあるけれど、
それでも、それらをひっくるめて、
毎日を歩いていくんだね、と。


今では、離れた場所からではあるけれど

私も 今日からまた、
前を向いて、歩いていけますように。



[ 2014/01/17 09:27 ] 震災について | TB(-) | CM(2)

防災頭巾になる図書バッグ

おはようございます。


ここ数日、ちょっと汗ばむくらいに暑い、と思っていたら
昨日は10度以上気温が下がったり・・
体調がおかしくなってしまいそうですね。
どうぞみなさま、体調にはお気をつけて下さい。

でも昨日の雨で、ちょっとは花粉が落ち着いているのか
今日は比較的楽なので、庭のパトロールを。


梅が、満開だったのが、花がおちちゃったなぁと思っていると

aaaIMG_2104.jpg

桜が、満開でした。


入学シーズンに咲く、ソメイヨシノとは違って
(おそらく)暖地桜桃の木です。

この花がさくらんぼになって・・
と思うと、楽しみでなりません
(花より団子!です)



そんな春を感じられる一日ですが

もう、あの震災から2年が経つのですね。

いろいろなテレビ番組でも特集が組まれていて
見るだけでも辛い思いをされていらっしゃる方も
多いのでは、とも思います。


少しでも、心穏やかにすごせる日々が、
そんな毎日が訪れますように。



+++



今日は、防災頭巾にもなる!図書バッグをご紹介させてください。


aaaIMG_0508.jpg


キルティング生地で、持ち手がついていて、
普通のバッグにも見えるのですが
サイドに、リボンがついておりまして

このバッグ、中を一辺に押し込んで、
頭からかぶると、こんなかんじで


aaaIMG_0465.jpg



即席の、防災ずきんになります。


aaaIMG_0462.jpg

サイドのリボンは、あごの下で結ぶようになります。


このバッグは、チロルワンダーランド の、チロ店長が呼びかけていらっしゃいます、
東松島市図書館に防災図書バッグをお届けしよう という
プロジェクトにお送りするため作ったものです。


昨年末には完成していたのですが、
諸事情でお送りするのが遅くなってしまいまして

aaaIMG_0509.jpg


全部で8個、お送りさせて頂きました。

直線縫いだけで、裏地もなく、
作り方も決まっているので、とても簡単に完成しました^^

詳細は、上にリンクしております記事で
詳しくご紹介していただいています。





震災から2年が経って、
必ずしも、緊急で必要とされるような物ではないかもしれませんが

それでも、誰かが忘れずに、想っていること、
誰かが、手を動かしていること、
決して忘れてしまっているわけではないことを、
バッグにこめて、少しでも届けていただければなぁと
願っています。



次回の発送は、先になるそうですので、
しばらくチロ店長のお手元に置いて頂くことになりそうですが

いろいろな支援が、やはり日に日に減少しているとのこと、
子供達に、風化を感じさせないためにも、
先延ばしで届けて頂ければ、とのお話があったそうで

いろいろ調節しつつも、防災図書バッグをお送りする支援は
続けていかれるそうです。

こういう形で、受け入れ先を作って頂いていること、
息の長い支援を続けていらっしゃること。
本当に、頭が下がる思いです。

チロ店長、ありがとうございます。



aaaIMG_0511.jpg


ちょっと文房具も添えて。

子供達の笑顔が、増えるといいな。





<2013* 縫った数>
大人服:15
子供服:16
小物:74


応援クリックをしていただけると嬉しいです♪


thanks.jpg

ブログ村 子供服(洋裁)

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : *HandMade*

[ 2013/03/11 12:50 ] 震災について | TB(-) | CM(2)

忘れられない日。

今年も、1月17日がやってきました。

阪神淡路大震災から、18年。
今年も、午前5時46分に、黙祷。



1995年・・・
もう、震災を経験していない子が、
大学生になるくらいの年月なんですね。


いろんな方の、人生が変わったあの日。
私にとっても、直接的に、間接的に、
色々なことが変わってしまった日、でした。



毎年、1月17日
この日は、本当に色々なことを想います。

理不尽にも、突然時間を奪われてしまった友に、
この1年、どのように過ごしてきた、と、
言えるだろうか。


若かったあの時、
友の分まで生きる、と、心の奥で誓ったことは
若さゆえの、傲岸不遜でもあるけれど

それでもやはり、
恥ずかしくない生き方をしてこれたのかと
振り返る日でもあります。


自分が過ごしてきた1年を思い返し、
子供達に、伝えるべき記憶を伝え、
また、1年を過ごしていくはじまりの日、です。




また、毎年のことではありますが
今日は、家の防災グッズの点検をする日、にしています。

東日本大震災からも、2年近くの時が過ぎ
あの後、防災グッズを用意された方も多いと思いますが


懐中電灯、ラジオの電池や、食料品、水の賞味期限、
またお子様の避難グッズ(お薬、着替えのサイズなど)など

お手持ちの防災グッズは、
非常時に使える状態になっていますか?


ぜひ、中身をご確認ください。



市販の、非常用持ち出し袋を買ってそのまま、では
実際に必要な時に足りないものも出てきます。

私は、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターに掲載されている
非常持ち出し品チェックリスト を、いつも参考にしています。

災害時、被災地に救援物資が届くまでの3日間程度を自足してしのぐための備えが
「0次」(常に携帯)
「1次」(非常持ち出し品)
「2次」(ストック)
の3つの段階で設定されていて、とてもわかりやすいです。



災害想定の見直し、などのニュースを見るたびに、
大災害が発生した時に、どうしたら良いのだろう、
なす術はあるのだろうか、と
正直、途方にくれることもありますが

それでも、守るべきものを守るために、
出来る限りの備えは、しておかなくては、と
思います。




この記事が、「いつかへの備え」のきっかけになれば
幸いです。




今日一日、
あの日の、あの澄んだ青空を思い出しながら過ごし、

また明日から、一歩ずつ。
歩いていきます。



[ 2013/01/17 06:20 ] 震災について | TB(-) | CM(4)